2011年03月22日

バイバイ、きゅん。

19日の午前11時過ぎ、

きゅんが星になった。

8日間の入院から帰宅して、わずか15時間後のことだった。

病院を出る時から、あまり元気とは言えなかった。
寝袋を掘る勢いもスピードもモッサリ。
入院前から引きずるようにしていた後ろ足。
刻々と機能しなくなっていくのが目に見えた。
よろめきながら、休みながらも自力で歩いていたのに、
次に見ると、片側でしかカラダを支えられず、
そして、カラダ全体で這うように動いていた。

朝の時点で目にチカラがなく、もう長くはないことは分かった。
病院へは行かず、家で静かに看取ることを決めた。
ジッとしてればいいのに、少しでも体力を温存すればいいのに、
気付くと違う場所でヘタっていた。
寝袋だったり、寝袋の下だったり、
ドーム脇だったり、後ろに挟まってたり。

P1030732.JPG

P1030737.JPG

ワタシの手の中で、最期を迎えたきゅん。
かすかな温もりと、しだいに弱まっていく鼓動を感じながら、
自分を責めずにはいられなかった。
きっと、どんな選択をしても後悔したんだろうけど…

きゅん、ごめんね。
ありがとね。

P1030727.JPG

【病理検査の結果】顆粒膜細胞腫・子宮平滑筋腫(子宮腺過形成を伴う)

ご心配くださったみなさん、ありがとうございました。
心がポキポキ折れかかっていたけど救われました。

先に星になった子達に、お願いだからきゅんを連れて行かないでと、
毎朝、毎夜、祈っていたのだけどダメでした。
多数決で負けたか?

病理検査の報告では、腫瘍は完璧な良性ではないけれど、
それほど予後の不安はなく、手術で治る可能性があったらしいです。
ただ、腺筋症の傾向があったみたいなので、
人間でいう、きつい生理痛の様な痛みが常にあったのかも…

娘っ子で血尿。
ほぼ、子宮の病気で間違いないのでは、と思いました。
防ぐには?
一つの方法として、避妊手術があるけれど、
これもまだ100%とは言い切れないらしいです。
(とにかく症例が少ないわけで…)
難しいですね。

みなさんの愛するペット達が健やかに穏やかに、
成長することを願っています^^
posted by によじ。 at 00:00| Comment(24) | TrackBack(0) | きゅん:ハリネズミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
別れは辛いです。
みんなで待っていてくれてますよ。

それまで頑張りましょう。
お疲れ様です。
Posted by ごんべぇ at 2011年03月22日 02:59
伝わっているばず
Posted by 兄 at 2011年03月22日 08:29
きゅんちゃん・・・残念で仕方ないです。
によじさんの介護は、本当にきゅんちゃんはありがとうって思ってますよ。
私でも、によじさんも頑張ってるの伝わってきたし、手術頑張ったきゅんちゃんは凄い。

でも、できることならもう少し頑張ってほしかったですね。
今は、痛みから解放されてきっとみんなのところでによじさんの話をしてるんじゃないですか?
『ママが、たくさんお世話してくれたよ。』って・・・
悲しみがいえるまでまだまだ時間はかかりそうですが、元気だしてくださいね。
きゅんちゃんのご冥福をお祈りいたします。安らかに・・・
Posted by 風ママ at 2011年03月22日 10:57
によじさんの心が、折れませんように・・・
Posted by akko at 2011年03月22日 15:20
御無沙汰しております。
以前、メールで相談にのっていただきました梅子です。
きゅんちゃんの状況があまりに我が家の小梅と酷似していたため、コメントせずにいられませんでした。
小梅も膀胱炎と診断されて、止血剤や抗生物質で治療しておりました。
しかし、出血は酷くなるばかり、衰弱の一途をたどるばかりで、
他病院で診ていただいたら、子宮に問題があるでしょうと診断されました。
小梅は3歳1ヶ月で、体重が480gから376gまで減り、すでに自由がきかない体でした。
手術の選択もありましたが体力的に無理と判断しました。
残念ながら、異変に気付いてから1ヶ月で亡くなりました。

によじさん、どうか自分を責めないで下さい。
日々の観察だけでは、子宮の病気は防げないと思います。
きっと手術を決行した事を悔やんでいるのでしょうが、私も小梅が若かったらお願いしたと思います。

きゅんちゃんとによじさんに平和な日々が訪れますように願っております。
Posted by 梅子 at 2011年03月22日 23:35
きゅんちゃん、旅立っていったんだね…
でもね、手術がんばったよね。
(ハリネズミが病院嫌いなのは横に置いておいて)
世の中には病気になってもお医者さんすら連れて行ってもらえない子
(=必要な時に必要なことをしてもらえない子)
がたくさんいるから、きゅんはによぽんの家に来て幸せだったと思うよ。

寂しくなるけども、がんばったきゅんを皆で快く送り出してあげたいね。
ご冥福をお祈りします。

そして、によぽんもきゅんもお疲れ様でした。
Posted by amikoda at 2011年03月23日 06:21
( T Д T ) ごんべ、、

ありがと。
辛いんだけど、病気から解放されたと思うと
何だかホッとしていたり複雑です。

みんなと一緒に、ほっこりしていてくれたら嬉しいですね。
Posted by によじ at 2011年03月23日 21:04
( T Д T ) 兄さん、、

ありがと。
だったら、少し救われる気がします。
Posted by によじ at 2011年03月23日 21:07
( T Д T ) 風ママ〜、、

ありがと。

残念で残念で悲しすぎ。。。
2歳だなんて早すぎだよね。
他に何か出来たんじゃないか?って考えだすとキリがなくってねぇ(涙

しばらくの間、どっぷり悲しみに浸ります、ハイ。
Posted by によじ at 2011年03月23日 21:15
( T Д T ) akkoさん、、

ありがと。

折れる寸前で、どーにかしのいでます。
が、朝起きて、一番にハリ部屋を覗く自分に、
心が折れそうになります(涙
Posted by によじ at 2011年03月23日 21:19
( T Д T ) 梅子さん、、

ありがと。

小梅ちゃんも子宮の病気で亡くなってたんですか(悲
エコー等で子宮の異常が確認出来ないと、
膀胱炎か子宮由来の出血なのか判断が難しいみたいですね。
進行が早いので、血尿が出た時にはすでに手遅れなんでしょうか…
せめて痛いとか苦しい時だけでも、態度で示してくれたらなって思います。

今頃、小梅ちゃんとハジメマシテしてるのかなぁ。
Posted by によじ at 2011年03月23日 21:41
( T Д T ) amiぽん、、

ありがと。

天使になってしまいました。

亡くなる前日、退院しても大丈夫って先生に言わせたのは、
家に帰りたくて、元気なフリをしてたのかも。
なんて、勝手に妄想して涙してます(沈

早く笑って思い出話ができるよーになりたいもんです。
Posted by によじ at 2011年03月23日 22:03
今見て心臓がどきっとしました(TT)
によちゃん、何かつらいよ
によちゃん大丈夫ですか?
によちゃんはいつも精一杯よくやってる
きゅんちゃんも皆と同じで、によちゃんの愛情に包まれて看取られて、お星様になった皆と今頃仲良く遊びながら、によちゃんの事見守ってる
によちゃん、泣くだけ泣いても、自分を責めちゃだめだよ。。
きゅんちゃんがによちゃんを心配して皆のところにいけないよ。
きゅんちゃん達はほんとに幸せだったと思ってる。
いっぱい泣いて、早く元気になる事を、きゅんちゃん達は願ってると思うよ。
によちゃん、暫くゆっくりして、少しでも元気になりますように・・・
Posted by おおさかのおばちゃん at 2011年03月23日 22:19
最初、「えっ?うそ」と思ってしまいました。
によじさんの辛いお気持ちが痛いほどよく分かります。

私、霊感というか、まあそういうモノがあるんですが、肉体がなくなっても魂は消えません。
そして可愛がってくれた人には感謝してくれています。
きっと、きゅんちゃんも、によじさんの事が大好きでありがとうって言ってますよ。
Posted by うみ at 2011年03月24日 13:57
によじさん、ご無沙汰してます。

きゅんちゃん、みんなのとこにいっちゃったんですね。
でも、いろいろ最後までお世話できてよかったですね。
きっと今頃、元気に走り回って、ごはんもたくさん食べてると思います。

大家さんが拾ってきた猫のうちの1匹(ハリネズミたちに全く興味をもたない子でした)が
毎日私のところに泊まりに来てくれて、一人暮らしのわたしにとって家族みたいに過ごしてたんですが
原因不明で急死してしまいました。
何の心の準備もできてなくて、ああすればよかったこうすればよかったと後悔ばかりです。
嫁に行くときには、連れていこうと思ってたのになあ…。
によじさんときゅんちゃんみたいにお別れしたかった、うらやましいです。
3週間経っても毎日涙が出で、悲しくて寂しいです。
でも、みんなにきちんと報告されているによじさんのブログを見て、私も日記書こうかなと思いました。

今は会えないけど、困ったこともあったし、悲しいけど、
一緒に過ごした時間は幸せや喜びでいっぱいの、代え難い思い出です。

きゅんちゃんは幸せだったと思います。
ご冥福をお祈りします。
まとまりのない文章でごめんなさい。
Posted by いつか at 2011年03月24日 15:40
( T Д T ) おばちやん、、

ありがと。

少しずつだけど、大丈夫っぽくなってるかな?
ミルワームの世話しながら泣いてるからダメかw

後悔してるコトって山ほどあるけど、ひとつだけ満足してるコトがあるんだ。
つくしを入院中に亡くして、すっごい辛かったから、
きゅんの時は食べそうなご飯持参で、毎日バスに乗って面会に行ってたんだ〜。
短時間の面会だったけど、とても貴重な時間だったな…
って、書いてて泣けてきた(涙

もっともっと泣いて元気になってやるーーーっ。
待っててね^^
Posted by によじ at 2011年03月24日 22:18
( T Д T ) うみさん、、

ありがと。

楽しい話題だけとはいきませんねぇ。

私は霊感とかよくわからないのですが、
魂が残っていると思うと、何だか嬉しいですね。
そばにいるのなら、合図なんてくれないかしら…

あ〜、でも、もっともっと一緒にいたかったなぁ。
Posted by によじ at 2011年03月24日 22:33
( T Д T ) いつかさん、、

ありがと。

いつかさんも悲しいお別れをしていたんですね。
私は多少の心構えはあったけど、何の前触れもない別れはつらかったでしょうね。
まだまだお互いに時間がかかるでしょうが、
穏やかな気持ちで、思い出話ができるようになりたいですね。
と言いつつ、きゅんがいる生活のリズムがカラダに染みついていて、
無意識にハリ部屋を覗いて、飾ってある写真を見て我に返る。
そして、泣く…の繰り返しの日々を送ってます。
Posted by によじ at 2011年03月24日 22:50
こんな時、かける言葉なんて何一つ見つからなくて
ずっとコメントできずにいました。
何の救いにもならないと思いますが、随分前に一緒に暮らしていた
ハムスターが、私を待っていたかのように、出先から帰宅してケージを
覗いた途端に急変して、私の手の中で亡くなったことがありました。
そのハムスターとは心が通じ合っていたんだと今でも信じています。
きゅんちゃんも、きっと大好きなによじさんのもとに帰りたい一心で
元気なふりをして退院の許可をもらったんだと思います。
さすがきゅんちゃんですよね!!頭良すぎですよ!!
大好きなによじさんの手に包まれて旅立てたのは、きゅんちゃんにとって
とても幸せなことだと思います。
本当に、こんなことしか言えなくてごめんなさい。私も心が痛いです。
によじさん、あまり自分を責めたりしないでくださいね。
Posted by みのり at 2011年03月25日 10:38
( T Д T ) みのりさん、、

ありがと。

いろいろとお世話になりました。
最後にミルミルを美味しそうに飲む姿が見れて、
本当に嬉しかったです。

きゅんの退院、家に戻りたかったんだ〜なんて、
自分に都合の良いように考えちゃったけどいいですよね。
みのりさんのハムちゃんも、帰りを待っていてくれてたなんて、
やっぱり心の繋がりはどんな生き物とでもあるんですね。
(ウパとはどうだったのかは・・・謎)

まだまだ、ちっちゃい骨壷を見ると、
切なくてどーしよーもない気持ちになるけど、
時の流れに身を任せ〜で、復活の時を待ちます^^
Posted by によじ at 2011年03月26日 21:54
きゅんちゃん、によじさん、お疲れ様でした。

ほかに言葉が見つかりません。
ごめんなさい。

御冥福をお祈りします。
Posted by ウーチー at 2011年03月28日 01:06
( T Д T ) ウーチーさん、、

ありがと。

きゅんは頑張ったと思います。
アタシは何もしてないけどねぇ。

もっともっとお世話したかったわさ。
Posted by によじ at 2011年03月29日 01:25
きゅんちゃん・・・まだ若いのに。
でもによじさんのぬくもりの中で、安心して最後を迎えられたと思います。
どうか、によじさんも無理をしないでくださいね。
ご冥福をお祈りいたします。
Posted by カオ at 2011年03月30日 22:00
( T Д T ) カオさん、、

ありがとねぇ。

まだまだこれからなのに、早すぎですよねぇ。
2歳で癌って、どうなのよ?って怒れてきます。
看取れたコトが、唯一の救いですかねぇ。

のんびりしていて欲しいもんです。
Posted by によじ at 2011年03月31日 08:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/191476343
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。